抜け毛を防ぐ育毛剤・正しく選びましょう!

育毛剤を使うことで抜け毛を予防する…TVのCMでもよく見るフレーズですよね。もちろんそれぞれの育毛剤に髪の毛の成長を促す有効成分が入っていて、それぞれに効き目があります。
けれど自分の抜け毛、薄毛の根本的な原因を知らないまま適当に育毛剤を使用していてはいつまでたっても効果を感じることができません。それではここで抜け毛を予防する『正しい育毛剤の選び方』をご紹介しましょう。

 

頭皮の血行状態が良くない方

健康な髪の毛には栄養素と酸素が不可欠。これをスムーズに送り込んでくれるのは血液です。血行が悪ければ抜け毛が増える…そのため一般的な育毛剤には血行促進成分が含まれています。
知られているものでは「センブリエキス」「ニンジンエキス」「ビタミンE」「塩化カルプロニウム」「ミノキシジル」などがありますね。このうちミノキシジルはFDA(アメリカ食品医薬品局)で育毛成分として正式に認められていますか特に信頼できる成分です。

 

皮脂の分泌量が多すぎる方

頭皮からあまりにも多くの皮脂が出てしまうと、雑菌が繁殖したり毛穴が詰まったりして抜け毛や薄毛の直接的な原因になってしまいます。皮脂分泌をおさえる育毛剤の成分には「イオウ」「カシュウ」「グリチルリチン酸ジカリウム」あたりが有名でしょうか。グリチルリチン酸ジカリウムには抗炎症作用もあるので頭皮がいつもベタベタしてしまうという方には特に有効な成分です。

 

頭皮が乾燥してしまう方

使用している市販のシャンプーの洗浄力が強すぎる、もともと頭皮が乾燥しているのでシャンプーすとなおさらに髪がパサつく…もともとの体質もありますが、皮脂が多すぎる方とは対称的な理由でも抜け毛や薄毛が起こるのです。
頭皮の乾燥を予防しながら、適度な潤いを与える作る成分には「アルテア抽出液」「イチョウ葉エキス」「海藻エキス」「アロエエキス」などがあります。