抜け毛隠しに帽子は返って抜け毛を促進させるかも?

「いつも帽子をかぶっていると抜け毛になりやすい」と聞いたことはありませんか。抜け毛を隠したいと思っている人にとっては気になる都市伝説ですよね。ところがこれはある程度の根拠があって言われていることなのです。

 

長時間帽子をかぶっていると、頭の中が蒸れることになります。それにより頭皮に雑菌が繁殖して、炎症を起こすことになす。これにより毛根がダメージを受けて、抜け毛に繋がるという訳なのです。頭皮を清潔にすることはもちろん大切ですが、抜け毛の状態を隠したいからと帽子をかぶりっぱなしにすることは避けましょう。どうしても仕事上で帽子やヘルメットを着用しなければならないという人は、湿気がこもらない様に通気を良くするよう、時折帽子を抜ぐことが大切です。

 

ファッションには無頓着の人は、一度帽子を買うとずっと同じ帽子をかぶり続けてしまうものです。しかし、髪の毛に触れる帽子は汗が付着したりするとすぐに雑菌が繁殖してしまいます。その帽子を再びかぶることで頭皮がどんどんダメージを受けていくことになるのです。帽子は定期的にキレイに洗濯をして、よく風をあてておきましょう。

 

上記のように説明すると、帽子は抜け毛の原因にように思えてしまうかも知れませんね。しかし、帽子は抜け毛の予防にも非常に効果的なのです。何故ならば、帽子により頭皮に直接紫外線が当たるのを防いでくれるからなのです。そもそも髪の毛は、皮膚にとってダメージの原因となる紫外線をカットする為に生えているとも言えます。しかし、紫外線は非常に強いので、髪の毛では防ぎきれません。外出の機会が多い人は頭皮が直接紫外線に当たることになってしまうのですが、帽子を被ればより安心ですね。

 

つまり、帽子を利用して抜け毛対策をするならば、外出時は被る様にする、そして適度に通気ができるようにすることです。帽子は定期的に洗濯をして清潔を保つこと、これを守れば帽子もまた抜け毛対策のグッズとして有効利用ができるでしょう。