朝シャンは抜け毛を促進してしまう!?抜け毛を改善したいなら朝シャンは避けよう!

前日残業で疲れて帰宅するとついそのまま寝てしまい、シャンプーをするのは朝目が覚めた直後、という方も多いことでしょう。また、人と会う機会の多い接客業や営業職などの方は、エチケットのために毎日の朝シャンが習慣になっているという方も多いものです。ただこの朝シャン、髪の健康を考えるとけして良いことではないのです。それはなぜなのか開設していきましょう。

 

短時間でシャンプーするとすすぎが不十分になりやすい

朝シャン派の方は出勤や登校前などの限られた時間で洗う方が多いため、そのような限られた時間でのシャンプーとなる洗浄やすすぎが不足しがちです。とくにすすぎが不十分であるとシャンプーの成分が頭皮に残ったままの状態となり、毛穴詰まりによるかゆみや炎症といった頭皮トラブルが起きやすくなるのです。そしてそのような頭皮トラブルが起きると、当然抜け毛も多くなってしまいます。もっとも、十分な時間をとってシャンプーを行い、丁寧にすすぎができているのなら、毛穴詰まりを心配する必要はありません。

 

朝シャンは頭皮のバリア機能を弱らせる

通常、シャンプー後の頭皮というのは十分な量の皮脂が分泌するまで、およそ1時間以上はかかるといわれています。にもかかわらず、朝シャンをしてすぐに外出してしまうとなると、紫外線や乾燥などのダメージを受けやすい状態で出かけることになります。つまり朝シャンによって気づかない間に紫外線などのダメージが蓄積し、抜け毛が多くなってしまうことが考えられるのです。

 

シャンプーは夜行うことで健やかな髪を育むことができる

髪が成長する時間帯というのは、成長ホルモンの分泌が盛んになる夜間22〜2時の間とされています。つまりシャンプーは夜間行うようにし、皮脂の詰まりなどをしっかり取り除いて早めに就寝することが髪の成長を助けるのです。朝シャン派は前日の頭皮の汚れを残したまま眠りに就くことになりますから、抜け毛を増やすばかりでなく、健康な髪の成長を阻害している可能性があるのです。