抜け毛を防ぐのに有効な栄養素とは?日頃どんなものを食べるといい?

人間の体の中で、実は髪の毛はどちらかというとなくても困らないものに分類されます。そのため、毎日の食事で摂取する栄養素は優先的に内臓や筋肉へと利用されるようになっており、少しでも足りない栄養素があると髪の毛までには行き渡らないということになってしまいます。ちなみにその代表的な栄養素はアミノ酸です。
またそうしたアミノ酸などの栄養素が不十分な髪の毛は次第に痩せていき、抜けやすくなります。ならば、髪を健康にするためにはどんな食事を心がければよいのでしょうか。

 

アミノ酸は髪の毛の素となる栄養素

抜け毛を予防したい方はまず「アミノ酸」をしっかり摂れるような食事を心がけましょう。人間の髪の毛はアミノ酸を原料として作られるわけですから、髪に良いと言われる栄養素を豊富に摂っていても、肝心のアミノ酸が足りていなければ健やかな髪は育ちません。
このアミノ酸は肉や魚、大豆、また乳製品にも豊富に含まれており、種類豊富な食材を食べるようにすることが髪にも良いということになります。しかし、いくらアミノ酸豊富だからといって脂肪分たっぷりのお肉の食べすぎにはご注意下さい。あっという間にカロリーオーバーになってしまいます。できるだけ脂肪分の少ない鶏のささみなどがおすすめです。

 

頭皮の環境改善に役立つビタミン・ミネラル

根本的に抜け毛の症状を改善したいのであれば、頭皮環境を改善することから考えなくてはなりません。この頭皮環境改善に役立つのがビタミン・ミネラルです。皆さんご存知の通り、これらの栄養素は野菜や果物などに多く含まれていますので、これらを毎日必ず摂るように心がけましょう。中でもビタミンA・Eは頭皮の血行を良くし、抗酸化作用のあるビタミンCは若々しい髪を保つのに役立ち、さらに亜鉛は細胞分裂を促進し、抜け毛を防いでくれます。